>>English
東京都港区西麻布4-2-6
エル・ファースト・ビル3F
TEL:03-5766-3357
FAX:03-5766-3356
HOME
院長プロフィール
診療内容
音声言語医学とは
その他の得意分野
業績集
アクセス
リンク
英語論文リストは、EnglishのPapers of Dr. Kumada

原著
今泉敏, 新美成二, 熊田政信 (1996). "声の変動特性-音響分析による評価-," 喉頭 8, 116 122.

宮地麻美子, 小田準, 宝迫雪, 熊田政信, 今川博, 桐谷滋, 新美成二 (1996). "沈着性病変の声帯(いわゆる竹節状声帯)にみられた特異な振動パターン-高速度デジタル撮影を用いて-," 音声言語医学 37, 223-227.

熊田政信, 小林武夫, 小崎寛子, 新美成二 (1997). "痙攣性発声障害の新しい評価法-モーラ法-," 音声言語医学 38, 176-181.

熊田政信, 正木 信夫, 本多清志, 島田育廣, 森浩一 (1999). "構音時の舌筋機能-Tagging MRI Movieを用いた研究-," 音声言語医学41, 170-178.

榊原健一, 足立整治, 小西知子, 近藤和正, 村野恵美, 熊田政信, 等々力政彦, 今川博, 新美成二 (2000). "喉歌の発声における声帯振動の分析," 音楽音響学会誌.

牧山清、熊田政信, 小林武夫 (2001). "痙攣性発声障害の音声評価," 音声言語医学 42(4), 332-342.

阿部雅子、石毛美代子、熊田政信, 高戸毅, 新美成二 (2001). "小舌症と小下顎症を伴う1症例の構音の分析," 音声言語医学 42(3), 242-248.

石毛美代子、村野恵美、熊田政信,新美成二 (2002). "痙攣性発声障害(spasmodic dysphonia: SD)様症状を呈する症例に対する音声訓練の効果," 音声言語医学 43(2), 154-159.

石井甲介, 熊田政信, 植木彰, 阿部弘一, 椿恵樹, 山本昌範, 太田康, 廣瀬肇 (2003). "不随意性発声を呈したパーキンソン病の1症例,"日本気管食道科学会会報 54(1), 43-47.

石毛美代子、村野恵美、熊田政信,新美成二 (2003). "外転型痙攣性発声障害に対する音声治療―1症例の報告―," 音声言語医学 44(3), 172-177.

横山智一, 浅井昌大, 熊田政信, 臼井信治,. 小林武夫.(2003). "ボツリヌストキシンの輪状咽頭筋内注入術により嚥下障害の軽快が見られた2症例," 日本耳鼻咽喉科学会会報 106(7), 754-7.


総説
熊田政信, 新美成二, 新津守 (1994). "Tagging Snapshot MRIの臨床応用," 神経研究の進歩 38, 319-326.

熊田政信, 新美成二, 新津守 (1995). "母音調音時の舌関連筋の機能," 電子情報通信学会技術研究報告SP94-98 (1995-03), 1-8

熊田政信 (1996). "声帯振動の観察法," 日本声楽発声学会誌 24. 29-31.

熊田政信, 新美成二 (1996). "日本語の声," JOHNS 12, 779-781.

熊田政信, 新美成二 (1996). "構音器官としての口腔," JOHNS 12, 1821-1824.

熊田政信 (1996). "発声障害の分類法-痙攣性発声障害はどの集合に属するのか," Letter to the Editors, 音声言語医学 37, 267.

廣瀬肇, 熊田政信 (1997). "喉頭, 声, ことば," 日本声楽発声学会誌 25.

熊田政信 (1997). "痙攣性発声障害の症状を統一的に説明する2つの仮説," 医学のあゆみ 183(8), 492-496.

熊田政信, 新美成二 (1999). "小児の音声言語を診るにあたって," In森山寛編「小児耳鼻咽喉科頭頚部外科マニュアル」, メジカルビュー, 東京, pp174-177.

熊田政信, 新美成二 (1999). "発声障害," In森山寛編「小児耳鼻咽喉科頭頚部外科マニュアル」, メジカルビュー, 東京, pp177-179.

熊田政信, 新美成二 (1999). "構音障害," In森山寛編「小児耳鼻咽喉科頭頚部外科マニュアル」, メジカルビュー, 東京, pp179-183.

熊田政信, 森浩一, 平田直樹, 佐藤裕 (2000). "音声認識と発語とMRI," In加我君孝編「脳と聴覚:言葉音楽環境音の知覚」,金原出版, 東京, pp50-52.

牧山清, 熊田政信, 小林武夫 (2000). "痙攣性発声障害の音声評価," In小林武夫編「痙攣性発声障害-そのメカニズムと治療の現状」, 時空出版, 東京, pp21-48.

熊田政信, 村野恵美, 小林武夫 (2000). "Botulinum Toxinによる治療," In小林武夫編「痙攣性発声障害-そのメカニズムと治療の現状」, 時空出版, 東京, pp49-64.

熊田政信 (2000). "空気力学的検査," In小林武夫編「新図解耳鼻咽喉科検査法」, 金原出版, 東京, pp112-113.

熊田政信 (2000). "声帯振動の観察法:ストロボスコピー," In小林武夫編「新図解耳鼻咽喉科検査法」, 金原出版, 東京, pp114-115.

熊田政信 (2000). "最長発声時間," In小林武夫編「新図解耳鼻咽喉科検査法」, 金原出版, 東京, pp116-117.

熊田政信 (2000). "話声位と声域," In小林武夫編「新図解耳鼻咽喉科検査法」, 金原出版, 東京, pp118-119.

熊田政信 (2001). "発声機能検査," In天津睦郎編「喉頭(21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床14)」, 中山書店, 東京, pp157-163.

小林武夫、熊田政信、村野恵美 (2001). "筋電図," In天津睦郎編「喉頭(21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床14)」, 中山書店, 東京, pp172-176.

熊田政信 (2001). "構音障害の検査と診断," In新美成二編「音声・言語(21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床15)」, 中山書店, 東京, pp273-285.

熊田政信 (2001). "喉頭原音生成の機構," In加我君孝, 市村惠一, 新美成二編「新臨床耳鼻咽喉科学, 1巻-基礎編」, 中外医学社, 東京, pp364-367.

熊田政信 (2001). "口蓋裂がなく開鼻声をきたす疾患にはどのようなものがあるか," In野村恭也, 本庄巌, 小松崎篤編「耳鼻咽喉科・頭頚部外科クリニカルトレンド, Part 3」, 中山書店, 東京, pp273-275.

熊田政信 (2001). "鼻声の定量的測定法," JOHNS 17(8), 1093-1824.

熊田政信 (2001). "痙攣性発声障害の治療と効果の判定," JOHNS 17(9), 1394-1397.

熊田政信 (2002). "コミュニケーション障害の原因と対策," In大内尉義編「老年病のとらえかた―眼でみるベッドサイドの病態生理―」, 文光堂, 東京, pp. 216-226

熊田政信 (2002). "音声障害-検査法," In加我君孝, 市村惠一, 新美成二編「新臨床耳鼻咽喉科学, 4巻-喉頭・気管・気管支・食道・音声言語」, 中外医学社, 東京, pp188-200.

熊田政信 (2002). "特殊な機能的音声障害," In加我君孝, 市村惠一, 新美成二編「新臨床耳鼻咽喉科学, 4巻-喉頭・気管・気管支・食道・音声言語」, 中外医学社, 東京, pp230-232.

熊田政信 (2002). "その他の器質的構音障害," In加我君孝, 市村惠一, 新美成二編「新臨床耳鼻咽喉科学, 4巻-喉頭・気管・気管支・食道・音声言語」, 中外医学社, 東京, pp298-306.

熊田政信 (2002). "全身疾患と構音障害," In加我君孝, 市村惠一, 新美成二編「新臨床耳鼻咽喉科学, 4巻-喉頭・気管・気管支・食道・音声言語」, 中外医学社, 東京, pp327-329 .

熊田政信 (2004). "言語検査," JOHNS 20(3), 415-9.

竹内啓, 熊田政信 (2004). "痙攣性発声障害," In加我君孝編「耳鼻咽喉科処方ノート」, 中外医学社, 東京, pp163-4 .


Proceedings
榊原健一, 足立整治, 近藤和正, 小西知子, 村野恵美, 熊田政信, 等々力政彦, 今川博, 新美成二 (2000). "トュバ、モンゴルの喉歌における声帯振動の観測,".
近藤和正, 小西知子, 榊原健一, 村野恵美, 熊田政信, 等々力政彦, 今川博, 新美成二 (2000). "喉歌の発声における喉頭調節," 音声学会.


学会発表(パネリスト、シンポジストのみ。その他は割愛)
熊田政信 (1995). "機能性発声障害," Field Discussion: 音声障害の病態, 診断, 治療, 第40回日本音声言語医学会総会, Nov1-2, 1995.

熊田政信 (1997). "痙攣性発声障害における喉頭の異常運動とその評価," 臨床系シンポジウム: 喉頭の異常運動, 第9回日本喉頭科学会総会, March 21-22, 1997.

熊田政信 (1999). "舌筋機能からみた構音評価," シンポジウム: 構音の評価, 第44回日本音声言語医学会総会, Nov11-12, 1999.

熊田政信 (2000). "治療: Botulinum Toxin," シンポジウム: 痙攣性発声障害の現状, 第45回日本音声言語医学会総会, Nov9-10, 2000.

熊田政信 (2004). "ボツリヌストキシン注射," シンポジウム1: 痙攣性発声障害治療のEBM, 第16回日本喉頭科学会総会, March 19-20, 2004.


学位論文
熊田政信 (1995). "Tagging snapshot MRI による日本語母音発音時舌内部形態の観察," 博士論文(1995年3月28日医学博士取得)

Copyright 2007 Kumada Clinic